結婚を機に引越しする方へオススメポイント

住宅環境チェックはとても重要

20代後半にもなると、結婚するカップルが少しずつ増えていきます。

さて、結婚と一緒に考えることがありますよね。

そうです!引越です。

これまで、借りていたアパートから新居へ引越を考える方も多いでしょう。

新居は少なくとも移り住む3カ月前には契約を済ませておく必要があります。

ただ、これから長く住む可能性があるため迷いますよね。

もしかしたら、子どもが産まれる可能性もあるでしょう。

趣味で新しく増えて、もっと広い部屋に住めばよかったなんてことにもなるかもしれません。

簡単に次へ引越というのも、お金に余裕があれば別ですがなかなか共働きでも難しいでしょう。

今回は、新居探しで悩んでいるカップルのためにお得な情報をお届けします。

実家へのアクセスは?

会社の勤務地によっては難しい場合もあるかもしれませんが、実家への距離やアクセスは検討すべきところです。

結婚したときに感謝を伝えた両親は、いつしか介護が必要になるときが来るかもしれません。

何かあった場合に、すぐ対応できるかどうかを新居を決める時に考慮に入れておくと良いでしょう。

両親は少しでも近くに住んでくれているだけで、安心するものです。

間取りのポイント

間取りにおいて広くスペースを確保したいのはリビングです。

滞在時間が長い場所なので、ゆったりくつろげる場所にしておきたいですね。

また、お客さんが家に遊びに来た時に、案内するのもリビングです。

少し人数が入っただけで、窮屈になるような部屋だと招かれた方も嫌な思いをするのではないでしょうか。

収納も要チェック

お互い別々に暮らしていた時と比べて荷物は増えていきます。

そのような事態を考慮せずに、物件を選んでしまうと衣類等で部屋が散らかりやすくなる可能性があるでしょう。

家具と違い、後で住居の収納場所は広くするのは難しいものです。

ちょっと余裕があるぐらいのクローゼットや押し入れのスペースを確認しておくと良いでしょう。

日当たりはチェック

家の中に光が入ってくる場所なのかどうかはとても重要です。

仕事や学業で家にあまりいなかった方は気づきにくいですが、日中陽射しがなければ、暗くい気持ちになってしまう恐れがあります。

そのため、どんなに家の中の環境が整っているからと言って決めてしまうのは少し待つべきでしょう。

日当たりは考慮している物件が多いと思いますが、一日中あまり日光が射してこない場所もあります。

時間帯を変えてでも、確認する価値はあるかもしれません。

いかがだったでしょうか?

自分たちのためだけでなく、将来生まれてくる子どものためにもしっかり物件を選びたいですね。

荷造り方法