引越しに必要な役所の手続きに 分かりやすく解説

大変な引越しに伴い、大切なことがあります。
新たな生活が始まるにあたっての、市区町村役場への手続きです。

これを先延ばしにしたり、うっかり忘れてしまってはいけません。
後々アナタが困ってしまいますよ。
今回は特に詳しく、「転出届」についてまとめてみました。

市役所での手続き

前もって用意する

まずは、現在住民票を置いている市区町村役場に出向きましょう。
そこで、「転出証明書」を発行してもらうのです。
引越し先の役所で、「転入届」の手続きをする際に、この転出証明書が必要になります。
また、引越し先が同じ市区町村役場の場合は、転出届は必要ありません。
つまり、転居届の提出のみとなります。

※転出届は、引越し先の住所が分からなければ手続きが不可能です。
注意して下さいね。

転出届の手続きはいつまでに終らせるの?

転出届は、本来なら引越し日に合わせて行いたい手続きです。
早めに終わらせたいなら、「引越し日の1~2週間前」から可能になります。

代行できる人と必要な書類

それぞれの事情で、本人が手続きできないこともあります。
そんな時は「世帯主」または、近親者などの代理人が行えます。
しかし、代理人が行う場合は「委任状」が必要となりますので、注意して下さい。

転出届に必要な書類

1:身分を証明出来るもの(運転免許証、パスポート等)
2:印鑑
3:国民健康保険証(これは、返納するために欠かせません。)

引越し前に手続きが出来なかった時は?

どうしても、いう場合は引越し後14日以内であれば、転出証明を発行してもらえます。
14日を過ぎると、転出届とともに転入届も提出しなくてはなりません。
これは、かなり手間になることは間違いないでしょう。
必ず、引越し前に手続きを終らせておくと便利です。

やむを得ない事情があれば、これらの期間を過ぎても手続きは行えます。
しかし、裁判所から「過料」を請求される場合もありますので、注意して下さい。

引越し中止になった時は?

転出証明書を発行してもらいながら、引越しが中止になった場合もあるでしょう。
もう一度、役所に出向き「発行してもらった転出証明書を持参」してください。
そして、「転出中止」の手続きを行います。

※転出中止の手続きは、「いつまでに」という決まりはありません。
しかし、この手続きをやっておかないとアナタは住所不定になります。
できるだけ速やかに終らせましょうね。

参考になったでしょうか?
新しい住まいの旅立ちが、これを読んでスムーズに行ければ幸いです。

荷造り方法