単身での引越しの費用を安くする方法

1人暮らしされている方が引越しするプランとして、単身パックがあるのはご存知ですか。
確かに単身パックは、費用面ではお得と言えます。
しかし、荷物の量によっては通常プランにした方がお得になることもあるのです。
最初から単身パックに絞らずに、色々と引越し業者を比較してみることがおすすめになります。
引越しの荷物は少なく

単身パックが低価格な理由

単身パックは引越しの荷物が、規定のコンテナに収まることを条件として低価格を実現しているのです。
費用は距離によって違ってきますが、大体、2万円から6万円くらいになります。
そのため、一般的に荷物の少ない方であれば単身パックで十分だと言えるでしょう。

しかし、荷物が多い方にとっては、単身パックでは全ての荷物を補いきれません。
例えば、ベッドやソファーがあるだけで単身パックでは、もう収まらないはずです。
段ボール箱も、中くらいの大きさ程度で4つくらいが限度になります。
趣味のコレクションなどがある方は、すぐに一杯になってしまうでしょう。
ですから、引越しの単身パックというのは家財道具をほとんど持ってない方向けとなるのです。

単身パックは、1つのコンテナを1単位と計算します。
もし、荷物の量がコンテナ1.5個分だとするとコンテナ2個分の料金を取られてしまうのです。
また、規定のコンテナの大きさからはみ出る荷物を運ぶことはできません。
そのように考えると、単身パックの方が逆に割高になってしまうこともあるのです。

余計な荷物は処分しよう

そのような状況を考えた場合、可能な限り荷物を減らすことで引越しの費用を安くすることができるでしょう。
運ぶ必要の無い余計な荷物は、引越しの際に処分することも大事になってきます。
もう古くなってきて、そろそろ買い換えたいなと考えている家具は思い切って買い換えてしまいしょう。
特に遠くへと引越する場合、家具を運ばないことで浮いた引越し料金で十分新しい家具を買うことが可能です。

ちなみに、大型の家具を廃棄する場合には粗大ゴミを利用することになるでしょう。
粗大ゴミを出すには、早めの予約が欠かせません。
早めに予約しないと、引越しに間に合わない危険性がありますので注意が必要です。

引越し業者によっては、不要な家具の処分も手配してくれる場合があります。
見積もりの際に、事前に問い合わせておくのが良いでしょう。

引越し業者もしっかり選ぼう

もちろん引越し業者を選ぶ際には、できるだけ多くの業者に見積もりを取ってもらいます。
多くの見積もりを取ってもらうことで、比較検討がしやすくなるでしょう。
そして様々な条件を照らし合わせながら希望の引越し業者にお願いするべきです。

引越しをされる方によって、引越しの形はそれぞれ異なってきます。
なるべく理想の引越しを行うためにも、情報をしっかり集めておきましょう。

荷造り方法