一番安い引越しを実現させるために覚えておきたいポイント

引越しは、人生の中でもちょっとしたイベントかもしれません。

新たなスタートの起点として、引越しを考えている方もいるでしょう。

生活環境を別の場所に移動させるということは、かなりの労力を要します。

もちろん、経済的にも大きな負担となるでしょう。

できるだけ引越し費用を安く抑えることが欠かせません。

それでは、どうやって安い引越しを実現できるのでしょうか。

引越しを安くするには

引越し費用を安く済ませるポイントは、大きく2つあります。

1つは、引越しの時期を調整することです。

もう1つは、自分で運べる荷物はできるだけ自分で運ぶことになります。

 

他にも、ちょっとしたアイデアを駆使することで引越し費用を抑えることが可能です。

使えるものは全部利用して、一番安い引越しを実現しましょう。

 

引越しは、3月頃から4月頃迄の新生活の時期に向けて多くなります。

この引越しが多い時期、つまり引越し業者の繁忙期は引越し料金がかなり割高となります。

閑散期と繁忙期とでは、差の大きいところで10倍近く料金が異なります。

そして、繁忙期は引越し業者も一番の儲け時なので、値引きもしてくれません。

大手の引越し業者になるほど、その傾向が強くなります。

 

運べるものは自分で運ぶ

軽トラックなどを借りられる状態であれば、大型の荷物も運べます。

素人では取り扱いが難しい冷蔵庫以外は、運んでしまいましょう。

そうすれば、引越し業者が用意するトラックが小型のもので済みます。

料金が抑えられます。

これらのポイントを押さえるだけで、引越し費用はかなり安くできるはずです。

 

不要な荷物は処分する

引越しの際に、不要なものを処分するのも良いでしょう。

余分な荷物を減らすことで、引越し料金も抑えられます。

廃棄をするのに料金が発生するものは、リサイクルショップなどで換金するのがベストです。

 

荷造りに欠かせない段ボールや梱包材は、引越し業者が手配してくれます。

しかし、自分で調達するとより安くできます。

近所に大型スーパーなどがあれば、不要な段ボールや使用済みの梱包材を無料で譲ってもらいましょう。

 

引越しの日程を調整する

そして引越し費用を大幅に安くするポイントが、引越しの日程になります。

引越しの費用の安い時期は6月・7月・11月などです。

いわゆる引越しの閑散期となります。

そのため、安い料金で引越しを行うことができるのです。

 

さらに、安くなる曜日として平日が挙げられます。

土日などに引越ししたい方が多いので、逆に平日は忙しくないのです。

最近では、引越し業者の見積もりも一括でできるサイトがあります。

なるだけ情報を集めて交渉を優位に進めましょう。

荷造り方法