ガスや水道は引越しした時どうするの?

引越しにともなう水道の手続き

引越しをする時の水道の手続きについて、詳しくご説明致します。
初めて引越しをする方や、初めて自分で手続きをおこなう方は参考にしてみて下さい。

水道の手続き

引越しをする1週間前までに水道局へ連絡を入れる

日曜日や祝日は営業していない可能性が高いため、それを念頭に置いた上で早めの連絡を心がけましょう。

どこに電話すればいいのかわからないときは

ネットなどで調べると、自分が住んでいる地域はどこの水道局が担当しているかすぐにわかります。
また、引っ越す家の契約をした不動産によっては、『●●だったらこちらの水道局に電話して引越しすると伝えて下さいね』と親切に電話番号を教えてくれるところもあります。

電話するときに必要となる情報

・水道の契約をしている人の名前
・現在の住所
・引越しをする日
・引越し先の住所

などが必要となります。
お客様番号などを聞かれることもありますが、契約者の名前と電話番号、そして生年月日がわかっており、なおかつ本人からの電話の場合はなくても大丈夫であることがほとんどのようです。

引越し先の水の利用について

基本的には水道メーターの手前にあるバルブを捻れば水が出るのですが、マンションなどによっては不動産会社が水道代も徴収していることから勝手が違うこともあります。
事前に不動産会社へ引越し先の水道の問い合わせは水道局へ連絡するのか・不動産会社へ連絡するのか、聞いておいた方が良いです。

引越しにともなうガスの手続き

続けて『ガス』の手続きについてご紹介します。

ガスの手続き

ガスの閉栓連絡をおこなうのはいつまで?

できれば引越しする2週間前までには手続きをしておいた方がベストです。
が、万が一忙しくて連絡ができなかったら最悪2日前でも大丈夫であることもあるようです。

ただ、引越しが多くなる春や秋口は早めに手続きをしておくことをオススメします。

まずはガスの使用停止の手続きをする

今使っているガス会社に連絡をします。
電話もしくはホームページから連絡をおこなうようにしましょう。

必要となる情報は、

・契約している人の名前(基本的に世帯主であることが多いです)
・今の住所
・検針票や領収書などに記載されているお客様番号
・連絡先電話番号
・ガスの使用を中止する日
・閉栓作業の希望日にちと時間帯(引越し時にガス代の精算をおこなう場合のみ)
・引越しする先の住所
になります。

最後のガス代の支払い

現在住んでいるところを退去する際に、最後のガス代をどうやって支払うかは自分の好きな方法で選ぶことができます。

引越し当日に支払う

当日、ガス会社の担当社に来てもらって閉栓してもらった上でガス代を計算してもらい、その場で現金で支払います。

口座引き落とし

できるガス会社とできないガス会社があるようなので、事前確認必須です。

請求書を郵送してもらう

この方法を取る方は多いです。
引越し先の住所に請求書を送ってもらい、支払う方法です。

新しいガス会社に電話する

今使っているガス会社と同じエリアの引越しであっても、ガスの開栓手続きが必要となりますので、使用をスタートしたい日をきちんと伝えておきましょう。
『立ち会いが必須』となりますから、自分もしくは家族が在宅している日時を指定するようにして下さいね。
ちなみに、ガスコンロなどが点くかどうかのチェックもありますので、担当者が来る前までにガスコンロを使うのであれば、設置しておくようにして下さい(なくても開栓することはできます)。

荷造り方法